乳児健診予約    


       診療予約       

      WEB問診       


       アクセス       

トピックス

新型コロナウイルス感染症の対応

「発熱外来」のご案内

発熱、倦怠感などの症状がありコロナウイルス、インフルエンザ 心配されている方は発熱外来を利用して下さい。

コロナウイルスとインフルエンザの検査を同時に行います。

 

コロナウイルスの検査は抗原検査とPCR検査の両方できます。

どちらの検査も偽陰性があるため証明書、診断書は書けません(偽陰性:本当は陽性なのに、陰性になる場合)

検査結果をお渡しします。ご自分で勤務先等と相談して下さい。

 

開設時間  (土日、祝日は休診です)

~金 午前8301200 午後300500 

(到着時間が5時を過ぎる場合は翌日になります。)

完全予約制です。受診前に必ず電話で予約を取って下さい。 ( 石川医院:0258-66-2140 )

 

「発熱外来」のご利用の仕方

保険診療です。保険証を用意して下さい。自己負担があります。

診察券のある方は診察券も用意して下さい。

濃厚接触者は行政検査の対象です。当院では対応していません。

勤務先等から証明書、診断書の提出を指示された方も対応しません。

 

発熱外来には待合室はありません。駐車場の車中でお待ちいただきます。

携帯電話を持参して車で来て下さい。電話でやりとりをします。

 

予約診療です。受診の前に必ず電話をして下さい。 

お名前、生年月日、年齢、症状(いつ感染したと思うか、いつから症状があるか、今どんな症状があるのか、心配なこと)車種と色、いつ来られるか をうかがい予約をします。到着時間が5時を過ぎる場合は翌日になります。

 

予約時間に指定された場所に車を駐車して下さい。

キャノピー(玄関の前)の中か、発熱外来の前の駐車スペース どちらかになります。

駐車したら「到着した」と電話をしてお名前を聞かせて下さい。

職員が車までうかがいます。

車の窓越しに保険証と診察券をいただき本人確認をします。

症状、発症日を確認して抗原検査かPCR検査を行います。 


検査の手順

抗原検査は以下の手順で行います。

綿棒を窓越しにお渡しします。車の中で検体をとって下さい。

ご自分で綿棒を鼻の穴の中に2cmほど入れ鼻中隔(両方の鼻の穴を仕切る壁)をこするように5回回します。

その後5秒ほど抜かずに鼻の穴の中に入れておきます。

取り出した綿棒を見ていただき綿棒が湿っていなければ別の鼻の穴で同じことをして下さい。

鼻水が十分にとれたら綿棒を渡して下さい。検査をします。


抗原検査の結果は20分で出ます。駐車場で待っていただき電話で結果を説明します。

 

コロナウイルスが陽性であれば保健所に連絡します。保健所で受診する病院を調整します。

時間がかかりますので、自宅で連絡を待って下さい。

 

陰性の場合は診療棟内の処置室か発熱外来で診察をします。

 

抗原検査陰性で症状が続く場合は、翌日PCR検査をします。

PCR検査で陰性で症状の続く方は病院に紹介します。

PCR検査の再検査はしません)

 

PCR検査はご自分で唾液を採っていただくか職員が鼻の奥に綿棒を入れて検体を採取します。

 

唾液の場合には駐車スペースで容器をお渡しします。

駐車場に移動して車の中で唾液を容器にとって下さい。

採れたら携帯電話で連絡して下さい。車までうかがいます。

診察が必要であれば発熱外来で診察をします。

検査だけで良ければ車で会計を行い帰宅していただきます。

検査結果は翌日判明します。電話で連絡をします。

 

唾液が採れない場合は発熱外来で検体採取を行います。

職員が鼻の奥に綿棒を入れ10秒したらこすりながら抜いてきます。

(昨年まで行っていたインフルエンザの検査と同じ要領です)

発熱外来で診察をして会計をして帰宅していただきます。

結果は翌日になります。電話で連絡をします。


市町村による風疹ワクチン予防接種助成事業

風疹予防接種

風疹にかかったことの無い方で平成2年4月1日以前の誕生日の方は風疹ワクチンを2回打っていません。
ただちに麻疹風疹ワクチン(MRワクチン)の接種が必要です。

風疹にかかったことがあるかわからない方は風疹抗体価を調べて抗体価の低い方は予防接種が必要です。

風疹ワクチンの予防接種には市の助成金があります。
妊婦が風疹ウイルスに感染して起こる先天性風疹症候群を予防することを目的に抗体検査を新潟県が助成し、任意予防接種費用の一部を市町村で助成しています。

対象者

  1. 妊娠を希望する女性
  2. 妊娠を希望する女性の同居者
  3. 妊婦の同居者

対象者

接種までの流れ

①風疹抗体検査を受けます。

対象者は風しん抗体検査申込票を記入し持参して下さい。
当日採血をして後日結果を郵送します。
費用は無料です。
採血検査のために診察券、カルテを作ります。
保険証を持参して下さい。
郵送するため、郵送先住所を教えて下さい。

②風疹抗体価が低い場合(HI法で16倍以下)

抗体検査の結果と予防接種予診票が郵送されます。
ワクチン接種の予約をします。

③予防接種予約

予防接種の時間は9:00~12:00 15:00~17:00です。
スマートフォン、パソコンで診療予約から24時間予約ができます。
電話でも予約ができます。診察時間内にお願いします。

接種希望日の7日前までに予約をして下さい。
予約後ワクチンが用意できないなどのトラブルの場合電話連絡します。
接種日までの間に見附市在住の方は市役所に行き「見附市風疹予防接種費用助成金申請書兼請求書」を発行してもらい、保険証を持参して受診して下さい。
長岡市、三条市の方は保険証を持って受診して下さい。

④ワクチンを接種します。

当院から郵送された予診票を記入して持参して下さい。
見附市の方は6,700円長岡市三条市の方は12,700円かかります。
長岡市三条市の方に風疹予防接種済証を発行します。
風疹抗体検査結果と風疹予防接種済証を長岡市三条市の市役所に提出いただくと6,000円の助成金がもらえます。

お住まいが見附市長岡市三条市以外の方はお住まいの市役所でご相談下さい。

男性のクーポン券を使った風疹抗体検査・予防接種を行っています。

男性のクーポン券を使った風疹抗体検査・予防接種を行っています。

昭和37年(1962)4月2日から昭和54年(1979)4月1日生まれの男性の方は無料で風疹抗体検査・予防接種が受けられます。
市町村からクーポン券が郵送されてきます。
クーポン券を使って行います。
令和4年(2022)3月末まで利用できます。

抗体検査から予防接種までの流れ

①抗体検査予約

抗体検査は内科の診察時間内で行います。8:30~12:00 15:00~18:00
診療予約から内科外来の予約をして下さい。
予約なしでも検査は受けられます。

②抗体検査当日

受診票の記入が必要です。ホームページにある風しんの抗体検査受診票を印刷して記入して下さい。
風しんの抗体検査受診票は石川医院受付窓口でも用意してあります。当日に記入でも構いません。

検査当日に持参していただくもの

  1. クーポン券
  2. 保険証
  3. 診察券(当院の診察券のある方は診察券も持参して下さい。)
  4. 受診票(当院受付で受診票をもらい記入しても構いません)
検査結果、受診票は電子カルテで管理します。
診察券、カルテが必要です。
結果を郵送します。郵送先の記入をお願いします。
検査結果は約1週間後に郵送します。
予防接種の対象者には予診票も同封します。
未使用のクーポン券はお返しします。
予防接種の際に必要になります。必ず保管して下さい。

抗体が十分でない方が予防接種の対象になります。(採血結果でHI法8倍以下の方)

③予防接種予約

予防接種の時間は9:00~12:00 15:00~17:00です。
スマートフォン、パソコンで診療予約から麻疹風疹ワクチンを予約して下さい。24時間予約ができます。
電話でも予約ができます。診察時間内にお願いします。
接種希望日の7日前までに予約をして下さい。
電話予約時も診察券が必要です。
予約後ワクチンが用意できないなどのトラブルの場合電話連絡します。

④予防接種当日

当院から郵送された予診票を記入して下さい。

接種当日に持参していただくもの

  1. クーポン券
  2. 予診票 記入してきて下さい。
  3. 診察券
  4. 保険証
他院で抗体検査をした場合は検査結果がわかる書類をお持ち下さい。
問診、接種をして終了です。

抗体が十分な方は予防接種は必要ありません。
返却したクーポン券は破棄して下さい。